仮想通貨

週次/月次まとめ

RSSリーダーに登録

« お気に入りインディケータ④ | トップページ | お気に入りインディケータ⑤ »

2010年4月19日 (月)

最近読んだFX本

超カンタン アメリカ最強のFX理論 (単行本)  

ロ ブ・ブッカー&ブラッドリー・フリード (著)を

購入し、しばらく検証してみました。



大きく内容は

3つのトレード方法
①2trendy
②NYボックス
③アリゾナルール



④バックテストの方法
⑤メンタル面のコントロールと資金管理について

のような構成で書かれています。

手法としては③の方法に興味があったので試してみたのですが、
結果的にいえば、書いてある手法は役に立つと思うけれど、
実際その通りにトレードできるかといったら(私には)難しい感じでした。


この手法のよいところは基本的に3つの移動平均線の関係で、
相場の状況をトレンド、トレンド発生、トレンド終焉、もみ合い
に明確に分析できるということにあると思います。

意外にもトレンドともみ合いの明確な定義を行っている本は少ないです。

ただし、ルールの名称がアメリカの地名でつけられているため、いまいち
今どの状況なのかを把握するのは難しいです。

もう少し、日本人向けに編集してもよかったのではないでしょうか?

グランビルの法則
Granville
でもそうですが、理屈ではわかっても実際エントリーするには
難しいといった感じです。

ただ、そのための練習として、徹底したバックテストの必要性が書かれていいます。

実際にはForex Tester 2というソフトを使ってのバックテストを
行うよう薦められています。
T5

試しにこのソフトを(試用版ですが)しばらく使用してみましたが、
時間経過のスピードを調整したり元に戻ったりできるので、短い時間で
長い時間分の(擬似)経験をつむには最適です。

作者の手法であれば、そのまま使用できるのでお勧めです。
(ただし、このソフトに標準で入っているインディケータ以外は
使用するのが難しいのでカスタムインディケータでテスト
を行いたい人は注意です)

筆者はこの本以外にも下記の本が出版されています。

小説風FXストーリになっていて読みやすいです。


またDVD版もあります(口演もなかなかうまいらしいです。)


« お気に入りインディケータ④ | トップページ | お気に入りインディケータ⑤ »

書評」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最近読んだFX本:

« お気に入りインディケータ④ | トップページ | お気に入りインディケータ⑤ »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

  • Google




    WWW を検索 ブログ内を検索 

☆☆☆

無料ブログはココログ