仮想通貨

週次/月次まとめ

RSSリーダーに登録

« お気に入りインディケータ⑦ | トップページ | お気に入りインディケータ⑧ »

2010年4月20日 (火)

書評

FX関連で読んだ本の書評になります。

メタトレーダ関係の書籍では、

しろふくろうさんのこちら本がメタトレーダの勉強を始めた際に
一番最初に読んだ本でした。

メタトレーダーの和書はあまり数が無いのですが、
この本ではメタトレーダーの導入方法から、基本的なインディケータの
使い方までかなり詳しく記載されています。

筆者のサイトでも同様の内容が書かれていますが、見易さから考えると
本書を買ったほうが早いと思います。

また、いくつかインディケータの紹介がされていますが、EasyTradeシステム
というシステム(もともとForexで紹介されていたシステムですか)は個人的にも
かなり使えるシステムだと思います(私は多少の変更を加えて使用しています)。

20100420140207

基本的な操作方法はこちらで十分ですが、こちらの本は、

EA(自動売買)を使用したトレードについては触れられていません。


自動売買についての勉強を本格的にしたいという方には、


こちらの2冊が最適な本になります。
入門(右) 応用(左)といった感じになりますが、
あわせて読めば自作EAの作成も可能になります。

メタトレーダーで使われているMQLという言語はC言語のような
言語によって書かれているため、Cのプログラミングの知識が
ある人にはわかりやすいと思いますが、まったくの初心者には
難しいと思います。

私はスクリプトの内容が大体読めればよいといった程度なので、
その目的であれば、下記の本でもよいかと思います。
ざっと仕組みがわかります。


« お気に入りインディケータ⑦ | トップページ | お気に入りインディケータ⑧ »

書評」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書評:

« お気に入りインディケータ⑦ | トップページ | お気に入りインディケータ⑧ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

  • Google




    WWW を検索 ブログ内を検索 

☆☆☆

無料ブログはココログ