仮想通貨

週次/月次まとめ

RSSリーダーに登録

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の22件の記事

2013年3月 1日 (金)

本日の一目チャート

本日のチャートです。

ドル円は、相変わらず雲の上限付近に価格があります。
20130301085737

ユーロ円は、遅行線が雲に近づいています。
20130301085850

ポンド円は、140円を何とか割らないでいます。
20130301085946

ユーロドルは、先日雲が↓に反転していますが、遅行線も雲を割ってきているため、↓トレンドは比較的強い状況です。

1.3を割ってくると更なる↓もありそうです。
20130301085556

※ここで使用しているインディケーターなどの詳細についてはこちらにまとめています

2011年11月27日 (日)

vix指数など

VIX指数の値ですが相変わらず高めの水準で推移しています。

20111126124640

http://chartpark.com/vix.html

不安定な感じですが、oandaの売買履歴を見ても
http://fxtrade.oanda.com/lang/ja/analysis/historical-positions

EURUSDは過去30日で、価格はかなり下落していますが、
20111126125518
ポジション比率はニュートラルな感じまで戻ってきていますので、
20111126125508
一段下げるのか、ここから戻すのか、判断しにくい感じになってきています。


2011年8月 5日 (金)

メタトレーダー対応ブローカー追加など

気になる点、何点かなどです。

204060 Program AIGrid Systt


codebaseに新規登録されたEAですが、指定した一定の値幅で複数の指値注文を行うEAのようです。トラリピのトラップの部分だけのEAのようなイメージでしょうか。

指定した一定の値幅で複数の指値注文を行うトレードを英語ではgrid trade というようですが、このEAではレンジ相場でgrid tradeを行い、トレンドになったらポジションを一括クローズする方法をとっているようです。

このブログで紹介しているトラリピ_アドバンスEA  でもポジション一括決済の機能はありますので、同様のトレードを行うことは可能になると思います。

20110805091928

一括決済のタイミングは裁量のようです。

トラリピ_アドバンスEA の設定イメージ動画をUPしました。

トラリピEA動画イメージ
クリックで再生します

※豪ドル円、80円スタート、50銭間隔トラップ、50銭TP、20円ストップロス、トラップ30本、ロット数は全てのポジション共通で0.02ロット(2000通貨)の設定になっています。

・ゲムトレードにUPしている
 CCI Nanpin EAが昨日の介入のクロス円上昇で幾つかのポジションを消化しています。
ゲムトレードの設定では豪ドル円日足、CCI14の売られすぎの状態でロングエントリーする設定になっています。

※パラメーターは自分で変更が可能です。

2011年7月12日 (火)

ユーロドルの下落

下落が続くユーロドルですが、oandaの注文履歴からみると1.44辺りからは結構買いの注文が多かったようです。

下記の差し引きの注文 (買い – 売り)の部分を見ると1.44から1.4までは緑の買い注文が多かったようですが、ユーロドルロングで仕込んでいた方はこの下げで結構損失がある人もいたのではないでしょうか。
http://fxtrade.oanda.com/lang/ja/analysis/historical-open-orders

ユーロドルインデックスEAでみても赤く囲った部分からショートエントリーへと転換しています。7月はこのEAは細かい負けが続いていましたが、今回のショートでトータルプラスになりそうです。

Screenshot00048


2011年1月30日 (日)

豪ドルリスク

トラリピなどでも使用している豪ドル円ですが、レンジ相場での動きが続いています。

まだ、大幅な下落にはなっていませんが、ZAI FXの吉田氏のコラムなどを見ると(2011年01月29日(土)の記事)豪ドルドルの下落に合わせて大幅下落の可能性もありそうです。

20110130095636_2

週足のハイローバンドチャートで見ても豪ドル円は下降トレンドになりましたので(サブウインドウ)注意が必要だと思います。

クロス円の下落と豪ドルドルの下落が重なり、80円を割ると大幅な下落があるかもしれません。

2010年12月26日 (日)

税制改正大綱の変更

既に知っている方も多いと思いますが、昨日2011年度税制改正大綱が発表され、店頭取引に関しては2011年決済分から、現行の総合課税(最大50%)が、申告分離課税(20%)の税率に一本化される事になりました。

これまで店頭取引は、利益額に対して税率が異なっていましたが、これで店頭取引でもクリック365同じ税制を受けられることになります。

また、ある年の損失を繰り越し、次の年以降3年間の利益と相殺することができるようになりました。

これでクリック365を使用するメリットはほとんどなくなったと思いますが、クリック365から店頭業者への顧客の流出が進むのではないでしょうか。

制度自体は、2012年度(2011年度取引分から)から始まるようです。

ザイFXの今井氏のコラムでもそのことについて触れられています(12/26分の記事)。

2010年8月11日 (水)

オーバーシュート・アラート

乖離率のインディケータを紹介しましたので追加になりますが、

T&Cフィナンシャルリサーチ社長の吉田恒さんはOSAという方法で
乖離率を使用して相場の売られすぎ・買われすぎの判断をするようです。

具体的には、5年移動平均線と90日移動平均線からの
乖離率を利用するそうですが、
その他、
購買力平価(PPP)、実効為替レート、長期金利などもOSAの判断に
利用するようです。

詳しいことは吉田さんの単行本
『FX7つの成功法則』に載っているそうなので

興味がある方は読んでみてもよいかも知れません。

ザイの記事

2010年8月 9日 (月)

一ドル123円台

1987年のブラックマンデー時のニュースステーションのビデオです。

一ドル123円台で超円高時代といわれていた時代です。

リーマンショックもかなり最近のことですが、数年経つと記憶もだんだんと薄れていきます。

大抵そのようなタイミングで次のイベントが起きるわけですが、過去の記憶を思い出すため
にもこのような映像をみるのはよいことだと思います。

ニュースも昔のものを見るとなかなか面白いものです。

http://miyachi3000.blogspot.com/2010/08/blog-post_08.html

2010年7月30日 (金)

お知らせ

ココログでは過去記事の一覧が作れないため、HPの練習を兼ねて、
サイトを作ってみました。

左のサイドバーに表示しましたので、興味があればごらんください。

作成中なので、順次内容を追加していきたいと思います。

CFDなどこのブログの内容と離れていることについてまとめていきたいと

思っています。

2010年7月28日 (水)

役に立つかもしれない情報②

先ほど紹介した山崎さんの本を紹介しておきます。

「投資バカにつける薬」というキャッチーなタイトルですが、

読んでみても損は無いと思います。

(個人的にFXは、コスト面を含め個人投資家が最も利益を出しやすい優れた金融商品だと思います。

-勝てるかどうかは別問題ですが。)



レビューから一部引用:

経済評論家・山崎元が個人投資家向けに書き起こした
アドバイス集である。業者に騙されず、余分なコストを使わず、
透明性の高い資産運用を冷静に行うよう、懇切に説いている。

こうした観点から本書では、日本で個人投資家向けに発売
されている多くの金融商品、例えば生命保険、住宅ローン、
毎月分配型外債ファンド、株式投信、外貨預金、株式チャート、
プライベートバンク、個人向けヘッジファンド、デリバティブ等々が
「買うべからざる金融商品」としてメッタ斬りにされている。

簡単で楽な金儲けがしたい人にはこの本は向かないが、本気で
資産を増やしたい個人投資家にはお勧めである。山崎の激辛な
助言を読んで、損をしない資産運用を心がけるとよいだろう。

金融業者は「あなたを」儲けさせるためではなく
「あなたから」儲けるために商売をしているのですから。       

・・・以上引用

その他、山崎さんがたまに投稿しているJMMというメールマガジンもお勧めです。
(作家の村上龍氏が運営している無料のメルマガです。)

JMM

 

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

  • Google




    WWW を検索 ブログ内を検索 

☆☆☆

無料ブログはココログ