仮想通貨

週次/月次まとめ

RSSリーダーに登録

カテゴリー「自動売買」の9件の記事

2010年9月12日 (日)

自動売買に使えるリモートデスクトップサービス

自動売買に使用できるリモートデスクトップサービスになります。

高スペックで安定した
デスクトップ環境にリモートアクセスできます。

似たようなサービスとしてメタトレーダーWEB(メタ専用)というサービスを紹介しましたが、こちらは汎用のサービスになります。

メタトレーダーWEBは海外の口座を作成しなくては使用できませんが、

こちらはその必要はありません。

既に自動売買用の口座を開設している方には便利かと思います。

MetaTrader4 動作確認済み
VTトレーダー2 動作確認済み


とVTトレーダー2とメタ4の両方で動作確認がされています。

VTへの対応を明記しているサービスは少ないと思います。

ディスクスペースも50Gとありますので、自動売買だけでなく、

ァイルの保管場所にして外出先会社からアクセスするといった使用方法もできそうです。

お名前.com Windowsデスクトップ

2010年6月 4日 (金)

マーチンゲール・ナンピン・ヘッジ戦略②


昨日紹介しました、マーチンゲールのEAをナンピン型のEAに
改造してみました。

ストキャストのパラメータがこれでよいのかという気がしますが、
これでもある程度は勝てると思います。

複数ポジをとるので、資金には余裕があった方がよいでしょう。

デフォルトはユーロ/ドル用、1時間足で、リミット50pips、ナンピン間隔100pipsの
設定になっています。

・・・・・・・・・・・・・・
以下パラメータです


20100604132907
・ナンピン間隔で設定した幅(単位Pips)でナンピンします。
・ナンピンモードとありますが、0で固定です。
・リミットはリミット幅です。(単位Pips)

・ナンピン倍率はオリジナルと変更して初期ロットと同じロット数で
ナンピンしていきます。

(1.5や2などにすれば倍倍ロットでマーチンゲールしていきます。)

20100604132919

・ロット数では買売それぞれの初期ロット数を設定できます。

・ストキャストのパラメータを変更できます。(エントリー用)

(ルールは前回参照)

・MagicBuy・Mugicsellでマジックナンバーを設定できます。
同一通貨で複数このEAを使用したい場合は数字を固有の
(かぶらない)数字に変えてください。

DL:「Nanpin_Stochastic.lzh」をダウンロード

 

 

2010年6月 2日 (水)

マーチンゲール・ナンピン・ヘッジ手法①

EAなどでよく使われている、マーチンゲール・ヘッジ・ナンピン関連のスレッドの翻訳になります。(TSDスレッド)

(マーチンゲール法というのは、簡単に言うと勝つまで倍賭けする手法で、調子がよければ莫大な利益を出せます。この前の暴落のように大きな損失を受ける場合もあります。)


・・・・・・・・・・・

 

>最高のマーチンゲールEAはなんですか??

>一番パフォーマンスがよいのは、blessing_2です...でも口座破裂の深刻な危険性あります。。

pipmaker v15のようなヘッジEAと併用した方がよいでしょう

>あなたが本当にBlessing2のコードを見るならば、正しくパラメータをセットすれば、口座破裂を防ぐためのパラメータがあります。「Portion」と「FloatPercent変数}の部分を読んで理解してください。口座管理の手助けになるはずです。

愚考するに、あなたが正しくそれらのパラメータをセットするならば、あなたは口座破裂を防ぐことができるはずです。

>マーチンゲールのようにトレンドに反してポジションを取る方法は常に破滅します。
時間の問題です。

どんなセッティングを使うかは、重要でありません。

危機管理の考えは、それを安定にするために、戦略に取り入れられなければなりません。

>Blessing2スレッドを開くことができて、読むことができるならば、それは最高の方法です。
私はMartingaleシステムのファンでありません。でも、このスレッド主ははいいました。「どれが最高のマーチンゲールEAですか?」。思うに、それはBlessing2です。あなたがBlessing2の全部のセットアップ方法を読みたくないならば、ここで口論する点でないです。

マーチンゲールベースのシステムは危険です、しかし、少なくとも、私の知識と意見では、Blessing2は危険なマーチンゲールの間で最も安全です。

p/s:そして、はい、Blessing2はRisk Managementも持ちます。

乾杯!

続く・・


2010年5月16日 (日)

検証中のEA トラリピ


前回作りました、トラリピのEAを修正してみました。

TrapRepeatHmodv3.mq4

20100516130601

主な修正点は、
・マジックナンバーの設定画面を追加
 いままではトラップ5でしたが、複数のチャートにこのEAをセットし、
 マジックナンバーを固有の数値に変更してあげる事によって、トラップ数を
 無制限に増やせます。
・ストップ値の追加
・利確(TP)ポイントの追加
になります。

これで両建てができて、万一のためのストップも
入れるられるので多少便利だと思います。

トラリピはレンジ内で上下するような相場が一番適しているので、
AUDCADのような通貨で試すのが一番よいかなと思っています。

また、ポジション数、ロット数が多くなると損失も大きくなるので、
1000通貨単位で試せる会社で試したほうがよいと思います。

現在メタのEAが使用できて、1000
通貨単位で取引ができる会社
(国内)といえばゴルゴのマークでおなじみのForex..com JP
なります。

最近口座を開いたのでライブで試していきたいと思います。





2010年5月15日 (土)

実験中のEA トラリピ


最近、、いまさらながらにいわゆるトラリピ(トラップリピートイフダン)
について調べているのですが、

(トラリピについてはマネースクウェアのサイトを参照)

メタでの売買のために、EAを作成(修正)してみました。

①TrapRepeatHmod.mq4
20100515150412

上記はIF値とDone値を
個別に入力できるバージョンです。

ロングとショートを混在してトラリピできます。
(ポジションは5個固定)


②TrapRepeatHmodV2.mq4
20100515150210
こちらはロングかショートかを選べるタイプです。

stepの値でトラップを仕掛ける値幅を設定し、
StartPの値を基準にして5つのポジションのIFDone値を
設定します。

デモで見ていると、少しづつ利益確定されていき、面白いです。

共にEAですので、indicatorsフォルダではなく、 Expertsフォルダに
入れてあげてください。

※最小ロットの設定が0.01になっています。

最小ロットが0.1のサーバではロットを変更しないとエラーがでるので

変更してあげてください。


トラリピの弱点として、想定したレンジを外れて不利な方向になると、
ポジションが塩漬けになりますので、レンジをどう設定するかと
ポジション数をどうするかだと思います。

詳しい動作の仕組みはこちらのサイトを参照ください。
(できればランキングをクリックしてあげてください)




トレールストップ機能について


注文時にトレールストップの機能を使っている方も
多いと思いますが、

一瞬の戻しでトレールに引っ掛かって決済されてしまい、
その後チャートは元に戻り、そのままでいればより
多くの利益を取れた、という場合も多いと思います。

しかし、ストップだけの設定だと、損きりにかかった場合は
損失が大きいので悩ましいところですが、

MQL4codebaseのサイトに下記のようなEAがありました。

TradeProtector-1.0

これは、現在のボジションに一定の利益が出た場合に、

トレール値(ストップ値)を自動的に調整してくれるEAのようです。

20100515142551
上記の画面は、
①初期のトレールストップを100pipis
②トレールの変更ポイント +12pips
③ストップ値の比率35%

の設定になりますが、

・まず、ストップを100でトレール注文を出し、
・利益が12pipsに達したところで、

・③の割合でストップポイントを+決済の場所に変更

してくれます。

つまり、12pips以上利益が出た段階で、ストップ値が損失が出ない
値に変更されるので、マイナス決済にはならないということです。

このEAは発注は手動で行い、決済だけこのEAが勝手に行ってくれる、
という形になりますので、メタで裁量トレードを行っている人にも
便利かもしれません。

デモトレードで動作を見ていると面白いと思います。

自動翻訳

2010年5月 3日 (月)

気になるEA


気になっているメタトレーダのEAになります。

Dr.EAのブログさんで紹介されているpipmaker(その改良版がPipShaker)
というEAになりますが、興味があったのでバックテストで試してみました。

オリジナルのPipmakerV9-1というEAで試したのですが、ドル円、ユーロドル
などでもきれいな右肩上がりで利益がでていました。

買いのみの注文や売りのみの注文の設定もできるので、
直近のユーロドルで売りのみのポジションを取ったところ、
非常に良い成績が出ていました。

ただ、まだパラメータが良くわかっていませんし、もともとの
スレッド
を見るとどんどん新しいバージョンが出ているようなのですが、
それぞれの違いも詳しくわかりません。

複数ポジションを取って、全体として利益がプラスになるように
調整するようですが、ナンピンをするので一歩間違うと、
大きな損失になるようです。

よくはわかっていませんが、考え方としては面白いEAだと思います。

Pipmaker2






2010年4月29日 (木)

EAの入手方法②


EAの入手方法 その②になります。

前回紹介したEAのサンプルを使うこともできますが、

もっと安価で、実践的なEAが使いたいと言う方は、

Trading system Forex というサイトにある有料EA

試してみても良いかもしれません。


こちらも以前紹介した、FXなんでもかんでも・・・さんのサイトに
詳しい説明がありますが、


年間99USドルで、下記のような210以上のEAが使い放題らしいです。

名前をみれば大体なにを基にしたEAか推測がつきますし、

成績の良いEAも多いようなので、英語がわかれば、試してみる価値は

大きいと思います。


(一部です。)
20100429121334

EAの入手方法

EAの入手方法についてです。

メタトレーダをはじめて、EA(自動売買)を利用したい方はたくさんいると思いますが、
標準では、MACDと移動平均の2つのサンプルしか入っていません。

有料のEAはたくさんありますが、どういうロジックで動いているか
わからないし、高価なので不安です。




そういう場合は上記の本の、サンプルプログラムが
出版社のHPからDLできます。

インストールの仕方は、著者のHPに載っていますので、その通りに
インストールすれば、下記のように結構なEAのサンプルが使用できます。

20100429115320

色々なパターンのEA(インディケータやスクリプト)のサンプルがあります。

もちろん詳しい説明は本のほうを読まないとわかりませんが、
とりあえず色々なEAのバックテストなどを試すことができます。

これだけで結構成績の良いEAもあるようなので試して見る価値は
あると思います。


2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索

  • Google




    WWW を検索 ブログ内を検索 

☆☆☆

無料ブログはココログ